耳鳴りとめまいの関係

耳鳴りとめまいの関係

 

耳鳴りとめまいとが同時に起こる病気はいくつかあり、神経の疾患である場合と耳の疾患である場合と脳の疾患である場合とがあります。

 

神経疾患がもたらす耳鳴りとめまい

 

血管のように全身をめぐっている物、神経。神経には反射神経など色々な種類があり、人間の活動には何かしらの神経が関わっています。

 

そんな神経のひとつ・自律神経にはさらに2種あります。交感神経と副交感神経です。交感神経と副交感神経とは絶妙なバランスを保っています。ところが、何らかの原因でそのバランスがくずれてしまうと、人間の体はさまざまな不具合をきたします。

 

この不具合を自律神経失調症と言います。自律神経失調症の代表的な症状の中に耳鳴りとめまいがあります。

 

耳の疾患がもたらす耳鳴りとめまい

 

メニエール病はスポーツ選手等がかかったことで知名度を上げたものの、病気自体は判明していないことのほうが多く、治療法が確立していません。

 

ただ、はっきりしていること、わかっていることもあります。まず、メニエール病は耳の疾患に属します。よって、メニエール病の疑いがある時は耳鼻科へかかってください。それと、めまいと耳鳴りのどちらか、ないし、同時に起こることもわかっています。

 

脳の疾患がもたらす耳鳴りとめまい

 

耳鳴りとめまいが同時に起きているケースでもっとも怖いのが脳の疾患です。この場合の脳の疾患とは脳腫瘍です。

 

腫瘍とは、細胞が過剰に増えて塊になってしまった物。先天性の物、後天性の物、良性の物、悪性の物とがあります。

 

この腫瘍が脳にできると、本来ないはずの物が脳の血管や組織を圧迫してしまいます。そうなると、耳鳴りとめまいとが同時に起こることもめずらしくありません。脳の腫瘍の有無はMRIで調べることができます。

page top